My「SONGS」 −1−:80年代のAORの名盤を!<br />   自由が丘の『SONGS』で・・・

My「SONGS」 −1−

80年代のAORの名盤を!
   自由が丘の『SONGS』で・・・

プロフィール

レコード盤

ここの管理人Geneです

すでに人生の半分を通り超えてしまいましたが、昔取った杵ずかで頑張っちゃいます。

一世を風靡した1980年代のAORの魅力を余すところなく、しかも今話題のYoutubeや、最近始まったばかりのMTVのサービス・MYPLAYなどのビデオをふんだんに使ってご案内しましょう

さぁ、アナタもここに来るとエイティーズにタイムスリップ!

AORを聴いてみませんか!?

自由が丘

ボクがここに住んでいたのは、今から約40年近く前の1967年あたりから1985年くらいまで

ちょうど、女性誌「アンアン」とか「ノンノ」などが自由が丘の特集なんかを組んで、それまで地元のセンスの良いお嬢さんたちばかりだった、街が一変してギャルが大挙してやってきた頃

そこ、自由が丘で出会った素敵なお店の数々から、すばらしい音楽をボクに教えてくれた、今なき「SONGS」

そこで流れていたお洒落で洗練された音楽を少しでも、ここに来ていただいた皆さんとシェア出来たら嬉しいですね

2008年11月

自由が丘駅

My「SONGS」 −1−

SONGS
SONGS 30th Anniversary Edition


自由が丘の「SONGS」がいつ出来たのか

記憶をたどってみたが、1977年くらいじゃないでしょうか

ボクが通い始めたのが、たぶん1979年
大学を卒業して、某中堅企業でスピーカのエンジニアをしていた頃



何しろ音に飢えていて、小学生時代からギターを弾いたり
中学時代は、ビートルズコピーバンドをやったり、3年の頃は
生意気にJAZZバンド組んでエレキギターをやっていた。

高校は、どういうわけかエレキから生ギターにもどり
クラッシックギターとフォークの両党使い

そして大学では、モダンジャズクラブに入ると、部員が
ギターばかりだったので、管楽器をやらないかと誘われるまま
テナーサックスをかじった


そして、自宅ではオーディオマニア


こんな趣味が高じて、会社ではスピーカを設計しつつ自宅では
アンプの設計、いい音の追求をするべく、自分で楽器を操り
常に生の音と接することで、会社のスピーカ設計や自宅での
アンプ製作へとつなげていた。


まったく、あの頃は会社でこんな趣味みたいなことやらせてもらって
しかも、毎月お給料もらって、ホントにいいのだろうかと
思っていたこともありますね。



そんな流れかどうか、本当の理由はとうの昔においてきてしまったが
いつの間にか「SONGS」の常連客の一角を担っていたのです。

自宅から、歩いて10分自由が丘の駅から田園調布へ向かって
徒歩2分のところに、大きな窓が印象的な「SONGS」が
あったのでした。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。