Feels So Good:80年代のAORの名盤を!<br />   自由が丘の『SONGS』で・・・

Feels So Good

80年代のAORの名盤を!
   自由が丘の『SONGS』で・・・

プロフィール

レコード盤

ここの管理人Geneです

すでに人生の半分を通り超えてしまいましたが、昔取った杵ずかで頑張っちゃいます。

一世を風靡した1980年代のAORの魅力を余すところなく、しかも今話題のYoutubeや、最近始まったばかりのMTVのサービス・MYPLAYなどのビデオをふんだんに使ってご案内しましょう

さぁ、アナタもここに来るとエイティーズにタイムスリップ!

AORを聴いてみませんか!?

自由が丘

ボクがここに住んでいたのは、今から約40年近く前の1967年あたりから1985年くらいまで

ちょうど、女性誌「アンアン」とか「ノンノ」などが自由が丘の特集なんかを組んで、それまで地元のセンスの良いお嬢さんたちばかりだった、街が一変してギャルが大挙してやってきた頃

そこ、自由が丘で出会った素敵なお店の数々から、すばらしい音楽をボクに教えてくれた、今なき「SONGS」

そこで流れていたお洒落で洗練された音楽を少しでも、ここに来ていただいた皆さんとシェア出来たら嬉しいですね

2008年11月

自由が丘駅

Feels So Good

Chuck Mangione
Feels So Good

1978年の大ヒット曲です。

あの当時は、クロスオーバーと呼ばれていたジャンルで
JAZZとポップス、ロックが融合

1980年代のフュージョンにつながる音楽ですね


このChuck Mangione の公式サイト見てビックリでした


2009年2月12日、アメリカニューヨーク州バッファロー近郊で
旅客機が民家に墜落・炎上し、49人が死亡した大惨事。

この飛行機に、チャックマジオーネのバンドメンバー2人が
搭乗していた。 

ギタリスト Coleman Mellett, of East Brunswick, N.J.,
guitarist in jazz musician Chuck Mangione's band

サキソフォニスト Gerry Niewood, of Glen Ridge, N.J.,
saxophonist and member of jazz musician Chuck Mangione's band


このコンチネンタル航空のフライト3407便の追悼サイト
にも、記載されています(英語) ご冥福をお祈りします。




さて、この「Feels so Good」という曲



トランペットからよりソフトな音を出すフリューゲルホーンに
チャックマンジョーネが持ち替え、しかも「もろJAZZ」
からポップな路線変更して大成功を収めた曲です。



『SONGS』のマスター、ゆーさんもこの曲は、本当に
気に入っていたようです。

AORを中心に音楽を流していた当時の自由が丘『SONGS』
にとって、チャックマンジョーネのようなJAZZっぽくって
インスツルメンタルな曲は大変珍しい存在でした。


しかも、この「Feels so Good」は普通の
インスツルメンタルな曲と一線を画していました



JAZZをメインに聴いていた時代でも、こんな透き通るような
清々しい曲に出会ったことはありませんでした。
まったく新しい世界の曲でしたね

 「これは、AORだ!」

って言えるのではないかな!



最近インターネットラジオで、Smoothjazzが好評
のようですが、チャックマンジョーネは25年以上前に
このカテゴリーを演奏していたと言うことですよ


ちょっと聴いてください↓初めて聴いたアナタも
きっとファンになるに違いありません。





これは、1980年アメリカのレイクプラシッドで
開催された冬季オリンピックの閉幕式で演奏された曲

 「Give It All You Got」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。