A Woman needs Love:80年代のAORの名盤を!<br />   自由が丘の『SONGS』で・・・

A Woman needs Love

80年代のAORの名盤を!
   自由が丘の『SONGS』で・・・

プロフィール

レコード盤

ここの管理人Geneです

すでに人生の半分を通り超えてしまいましたが、昔取った杵ずかで頑張っちゃいます。

一世を風靡した1980年代のAORの魅力を余すところなく、しかも今話題のYoutubeや、最近始まったばかりのMTVのサービス・MYPLAYなどのビデオをふんだんに使ってご案内しましょう

さぁ、アナタもここに来るとエイティーズにタイムスリップ!

AORを聴いてみませんか!?

自由が丘

ボクがここに住んでいたのは、今から約40年近く前の1967年あたりから1985年くらいまで

ちょうど、女性誌「アンアン」とか「ノンノ」などが自由が丘の特集なんかを組んで、それまで地元のセンスの良いお嬢さんたちばかりだった、街が一変してギャルが大挙してやってきた頃

そこ、自由が丘で出会った素敵なお店の数々から、すばらしい音楽をボクに教えてくれた、今なき「SONGS」

そこで流れていたお洒落で洗練された音楽を少しでも、ここに来ていただいた皆さんとシェア出来たら嬉しいですね

2008年11月

自由が丘駅

A Woman needs Love

Ray Parker Jr.
ウーマン・ニーズ・ラブ

この人「レイパーカージュニア」のコンサート

行きましたよぉ 東京の厚生年金大ホール!

前から5列目の真ん中、どうしてこんな席が取れたかっつうと


自由が丘『SONGS』のマスター川名さんが取ってくれました。
1982年くらいだったと思います。



例によって、『SONGS』へお茶飲みながら、新譜を
聴きに行っていたら、ゆうさんが

「ネェ、ネェ、RayParker Jr.のコンサート行く?」

なんて聞いてきます。


そんで、それほどむしょうに行きたいってわけじゃなかった
けど、「そりゃぁ 行きますよ!」って答えたら


 「じゃぁ チケットあるからあげるよ!」


って、「うそだろぉ〜」っと思っていたらおもむろに
本当にチケット出してきて、


 「かならず行ってネ」 だってぇ





それで、行ってみたら、 


なんと前から5列目のど真ん中、周りを見渡すと、

  あっちを見ても女の子、こっちを見ても女の子



そうなのです、周りはみんな女の子だったのです。



そして、コンサートはだんだんと盛り上がってきて
この「A Woman needs Love」になると
聴きに来ていた人たち、みんな立ち上がって踊っています。



スティル・イン・ザ・グルーヴ の時はレイパーカーが
聴衆に向かって、「おどろぉ〜ぜ」って煽って

ほとんど全員が踊ってました 



っつうか、厚生年金代ホールが、もうディスコに変身してました。


物凄く盛り上げるのが上手いレイパーカーでしたぁ


この1981年のアルバムは、今聴いても色あせることなく
新鮮です。


ぜひ、アナタも聴いてくださいネ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。