JOJO:80年代のAORの名盤を!<br />   自由が丘の『SONGS』で・・・

JOJO

80年代のAORの名盤を!
   自由が丘の『SONGS』で・・・

プロフィール

レコード盤

ここの管理人Geneです

すでに人生の半分を通り超えてしまいましたが、昔取った杵ずかで頑張っちゃいます。

一世を風靡した1980年代のAORの魅力を余すところなく、しかも今話題のYoutubeや、最近始まったばかりのMTVのサービス・MYPLAYなどのビデオをふんだんに使ってご案内しましょう

さぁ、アナタもここに来るとエイティーズにタイムスリップ!

AORを聴いてみませんか!?

自由が丘

ボクがここに住んでいたのは、今から約40年近く前の1967年あたりから1985年くらいまで

ちょうど、女性誌「アンアン」とか「ノンノ」などが自由が丘の特集なんかを組んで、それまで地元のセンスの良いお嬢さんたちばかりだった、街が一変してギャルが大挙してやってきた頃

そこ、自由が丘で出会った素敵なお店の数々から、すばらしい音楽をボクに教えてくれた、今なき「SONGS」

そこで流れていたお洒落で洗練された音楽を少しでも、ここに来ていただいた皆さんとシェア出来たら嬉しいですね

2008年11月

自由が丘駅

JOJO

Middleman Boz Scaggs
ミドル・マン

このアルバムは、BOZの3部作

 1974年のスローダンサー

 1976年のシルクデグリーズ

そして
 1980年のこのアルバム ミドルマン



どれをとっても素晴らしい出来のアルバムです

スローでソウルフルな曲も、セクシーで良いのですが


ここでご紹介する、「JOJO」はロックンロールの
臭いがプンプンな曲なんです


川名さんも、これは好きな曲だったようで、アルバムが
出たばかりの頃は、毎日なんども針を落としていましたね


ジャケの裏がまた、面白い表紙からの続きなのに
開けないジャケットになっているんですよ
jojo1


しかし、このアルバムのバックミュージシャンも最高だね!

 David Fosterがキーボードとセンセを

 Ray Parker Jr.もギターで参加している

この曲は、『SONGS』でも数多くかかった曲の上位でしょうね
BOZは、今でも音楽活動しているけど川名さんはどうしている
のかなぁ〜 感慨深げですぅ

優男のBOZが歌うJOJO、これは元歌



こちらは、円熟したBOZに会えま〜す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。