Ai no Corrida<愛のコリーダ>:80年代のAORの名盤を!<br />   自由が丘の『SONGS』で・・・

Ai no Corrida<愛のコリーダ>

80年代のAORの名盤を!
   自由が丘の『SONGS』で・・・

プロフィール

レコード盤

ここの管理人Geneです

すでに人生の半分を通り超えてしまいましたが、昔取った杵ずかで頑張っちゃいます。

一世を風靡した1980年代のAORの魅力を余すところなく、しかも今話題のYoutubeや、最近始まったばかりのMTVのサービス・MYPLAYなどのビデオをふんだんに使ってご案内しましょう

さぁ、アナタもここに来るとエイティーズにタイムスリップ!

AORを聴いてみませんか!?

自由が丘

ボクがここに住んでいたのは、今から約40年近く前の1967年あたりから1985年くらいまで

ちょうど、女性誌「アンアン」とか「ノンノ」などが自由が丘の特集なんかを組んで、それまで地元のセンスの良いお嬢さんたちばかりだった、街が一変してギャルが大挙してやってきた頃

そこ、自由が丘で出会った素敵なお店の数々から、すばらしい音楽をボクに教えてくれた、今なき「SONGS」

そこで流れていたお洒落で洗練された音楽を少しでも、ここに来ていただいた皆さんとシェア出来たら嬉しいですね

2008年11月

自由が丘駅

Ai no Corrida<愛のコリーダ>

TheDude_QuincyJones.jpg
The Dude

このアルバム、『SONG』のマスター、川名雄二さんがもの凄く好きだったアルバムのひとつです。

最初、「えっ!、なに『愛のコリーダ』!!」って騒いでいました。
でも、今日を聴いて「なんだ、こりゃぁ〜」ってビックリでした。

なんといっても、JAZZバンドをやっていたボクが知っているクインシージョーンズとぜんぜん違うですもの

でもこの洗練されたアレンジと、立錐の余地もない音の洪水
もう、これは圧倒的でした。


さすが川名さん、なんて言ってましたっけ

よ〜く、中身を調べてみると、そりゃぁ悪いわけがないのです
このアルバムで演奏しているミュージシャン達ならと、納得!


クインシージョンズ率いる、ジャンルを超えた凄腕ミュージシャン達

スティービー・ワンダー
ハービー・ハンコック
チャカ・カーン
スティーブ・ルカサー
パティー・オースティン
アーニー・ワッツ
トゥーツ・シールマンス
そして、当時新人だったジェームス・イングラム

また、あのマイケル・ジャクソンまでも・・・

こんな連中が、演奏しようものならどんな曲でも、すばらしい出来だと思いますよね。


だからかぁ、なんて後になって気がついたのは、マスターの川名さんがやたらめったら、このアルバムを奏けていたんですよね

川名さん、ひょっとしたら、「あっ、このソロはハービーハンコックだな」なんて聴きながら検証していたのかも。。。。

なにせ、いいアルバムです。 ぜひ聴いてください。

1981年日本でのライブです。
ボーカルは、パティーオースティンとジェームスイングラム



もう一曲、このアルバムから
当時は、新人だったジェームスイングラムの
  「Just Once」




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。