I just called to say I love you: 心の愛:80年代のAORの名盤を!<br />   自由が丘の『SONGS』で・・・

I just called to say I love you: 心の愛

80年代のAORの名盤を!
   自由が丘の『SONGS』で・・・

プロフィール

レコード盤

ここの管理人Geneです

すでに人生の半分を通り超えてしまいましたが、昔取った杵ずかで頑張っちゃいます。

一世を風靡した1980年代のAORの魅力を余すところなく、しかも今話題のYoutubeや、最近始まったばかりのMTVのサービス・MYPLAYなどのビデオをふんだんに使ってご案内しましょう

さぁ、アナタもここに来るとエイティーズにタイムスリップ!

AORを聴いてみませんか!?

自由が丘

ボクがここに住んでいたのは、今から約40年近く前の1967年あたりから1985年くらいまで

ちょうど、女性誌「アンアン」とか「ノンノ」などが自由が丘の特集なんかを組んで、それまで地元のセンスの良いお嬢さんたちばかりだった、街が一変してギャルが大挙してやってきた頃

そこ、自由が丘で出会った素敵なお店の数々から、すばらしい音楽をボクに教えてくれた、今なき「SONGS」

そこで流れていたお洒落で洗練された音楽を少しでも、ここに来ていただいた皆さんとシェア出来たら嬉しいですね

2008年11月

自由が丘駅

I just called to say I love you: 心の愛


ウーマン・イン・レッド


このアルバムは、スティービーワンダーが
映画「The Woman in red:邦題 心の愛」
のサウンドトラックとして1984年にリリースされたものです。

ディオンヌワーウィックの「Moments aren't momnts」
も良いけど、このアルバムは、やっぱりこの
「I just called to say I love you」で決まりかな


「SONGS」では、これ以前のスティービーの
アルバム、「Hotter Than July 」をよく流していましたね。

店長の川名さんの、このみって

  黒人+ひげ+少し太り気味

だったと思うけど、スティービーもとても好きだったようです。


「ハッハッハ!!」

チョッとこれは、「SONGS」で時間を共した人たち
でないとわからない話題かもしれませんが・・・・(笑




映画のサウンドトラック盤は、よく名曲が多いですね。
このI just called to say I love youなんか
今、聴いてもとても新鮮だし、とても覚えやすい
メロディーラインが良いですよね




スティービーワンダーの日本でのライブから・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。